お知らせ:お問い合わせにZendesk Support を導入しました

Google マイビジネスが勝手に登録される?最初にすべきオーナー確認の方法

Google マイビジネスが勝手に登録される?最初にすべきオーナー確認の方法

この記事は 4 分で読めます
中小企業や小規模な会社のためのGoogle マイビジネスの活用方法

地域に根ざす会社やサービスをやらている方向けに有効活用できるGoogle マイビジネスの使い方や実践方法を具体的に解説をしています。特に工務店さんや建築業、治療院、サービス業、飲食店の方に適している内容です。

今回は、Google マイビジネスが勝手に登録されるケースの解説と、オーナー確認の方法について解説していきます。


Google マイビジネスを始めようとしたら、既に自分のお店が登録されてあったんです。クチコミも50件以上は投稿されて、営業時間なども入力されていました。

誰かが勝手に自分のお店のGoogle マイビジネスを作られることってあるんですか?

やくしじん

はい、あります。

ただ、安心していただいて大丈夫です。誰かの嫌がらせや乗っ取りということではなくて、Google マイビジネスのシステム上、第三者がお店の情報を投稿することは可能なのです。

今回は、そのような場合の対応の方法と、Google マイビジネスをスタートさせる上で最初にやっておく「オーナー確認」についてお話していきます。

ちなみに、私の自己紹介を・・・

やくしじん

  • ビズスター株式会社というデジタルマーケティング支援している会社の代表です。
  • 地域で商売をやっている会社のインターネット集客を8年。
  • 直接サポートしている企業は20社。
  • 建築業向け、治療院向けホームページサービスも展開中。
  • 安定してみなさん集客に成功しています。

Google ビジネスの情報が勝手に掲載される理由

お店のオーナーでもないのに、なぜ第三者が勝手にそのお店の情報を登録できるのか。

結論からいうと「ローカルガイド」というGoogleマップの仕組みがあり、第三者の方がお店の情報を自由に投稿できる制度だからです。

 

例えば、どこかのカフェに行った際、そのお店がとても良いお店で気に入った!と思った人が

お客さん

こんなに良いお店だったら、Google マイビジネスにクチコミ投稿しておこう!

あれ、Googleで探してもお店の情報が出て来ないな・・・

じゃぁ私がこの店のGoogle マイビジネスを第三者として投稿しておこう!

という流れで、実際のお店の人ではないけどGoogleマップ上に「地図に載っていない場所を追加する」という方法で第三者がGoogle マイビジネスのお店情報を登録することができます。

「地図に載っていない場所を追加する」という方法で第三者がGoogle マイビジネスのお店情報を登録することができます。

 

 

なぜ第三者が勝手にGoogle マイビジネスの店舗情報を投稿できるのか?

第三者であっても、そのお店の情報や感想など、一般のお客様が自由にクチコミ投稿できるのがGoogle マイビジネスのシステムです。

正確には関連するGoogleマップのサービスの一部であるローカルガイドというサービスです。地図上に対象のお店が無い場合は、自由に掲載することができ、お客さん同士の交流のためや、質問などお客様同士で勝手にやりとりができるようになっています。

ローカルガイドについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
参考 概要ローカルガイド ヘルプ

第三者による投稿とオーナー確認ができているGoogle マイビジネスの違い

第三者による投稿の場合は、Google マイビジネス上にこのような表示がされています。

オーナー確認が取れていない第三者の投稿によるGoogle マイビジネスの状態

オーナー確認が取れていない第三者の投稿によるGoogle マイビジネスの状態
オーナー確認が取れていない第三者の投稿によるGoogle マイビジネスの状態 2

オーナー確認が取れていない状態のGoogle マイビジネスの情報は「ビジネスオーナーですか?」という項目が表示されています。この項目が表示されている場合は、その情報はまだオーナー確認がされていない、第三者の投稿のままの情報です。

オーナー確認が取れているGogoleマイビジネスの状態

オーナー確認が取れているGogoleマイビジネスの状態

オーナー確認されている場合は「ビジネスオーナーですか?」の記載がありません。

この場合は、お店の方や会社の方のオーナー登録が済んでいる状態で、Google マイビジネスの管理をされている情報と判断できます。

Gogole マイビジネスのオーナー確認をするメリット

「ビジネスオーナーですか?」と表示されいている場合は、オーナー申請がまだされていない状態です。

オーナー確認をすると、お店のオーナーの情報として写真やメニューの投稿、その他お店の様々な情報を掲載することがきるようになります。

さらにメッセージの送受信やクチコミへの返信などオーナーの声が直接お客様へ届くので、情報の信頼性がアップします。

クチコミ投稿して頂いている方や今後検索でお店情報を検索される方にも、お店のアピールができるのでオーナーとしてGoogleビジネスの情報を管理するのはメリットが多くあります。

Google マイビジネスに取り組むなら、まず「オーナー確認」をしよう

これから新たにGoogle マイビジネスを登録しようとしていて、既に第三者の方の投稿による自分のお店や企業のGoogle マイビジネスの情報がある場合は、「ビジネスオーナーですか?」をクリックすることで、そのGoogle マイビジネスの情報の「オーナー確認」が進められます。

よくあるNGなケース
これから新規でGoogle マイビジネスを登録しようとして、既に第三者による自分のお店などの情報が登録してある場合に、また新たに新規登録してオーナー登録してしまいGoogle マイビジネスの情報が重複するケースがあります。

 

重複して登録すると、今まで第三者による投稿情報でクチコミが多数あった場合などの今までの第三者の方や多くのクチコミを投稿してくれたお客様の投稿などが引き継げない状態になります。

 

後からの手続でGoogle マイビジネスの統合という手続は取れるのですが、余計な手間がかかるので、元々第三者の方の登録が見つかった場合は、そのGoogle マイビジネスからオーナー権限を申請し運用する方が良いです。お店の情報などは新たに上書きできますので、何のデメリットもありません。

Google マイビジネスのオーナー確認をする方法3つ

1.郵送手続による確認

Google マイビジネスに登録した住所へGoogleから郵送されるハガキ(もしくは封書)が届きます。その中にある認証コードを入力し、オーナー確認は完了です。

郵送による承認は、郵送手続が申請から14日前後と、結構時間がかかります。忘れた頃にGoogleから郵送物が届く感じなので、申請後は気長に待ちましょう。

2.電話による確認

電話番号による承認手続もできます。ただし、業種が限られているようで可能な場合と選択できない場合があるようです。

Google マイビジネスに登録した電話番号にGoogleから自動音声の電話がかかります。音声ガイダンスの中で

音声ガイダンス

ようこそGoogleへ。あなたの承認コードは次の通りです。

○○○○○○(6桁の数字)

といった流れで、唐突に自動音声で承認コードの案内が始まります。認証コードは6桁の数字です。承認コードをGoogle マイビジネスのオーナー確認のフローの中で入力しGoogle マイビジネスのオーナー確認作業が完了します。

メモのご準備を!

電話の場合は、唐突に承認コードを案内されますので、事前に電話がかかる前にメモの準備をしておきましょう。メモの準備をしないまま申請作業をすると、メモできずに結構焦りますのでご注意ください。

これ、結構あるあるで、Googleの他のサービスでも音声ガイダンスによる認証コードの確認の手続を実施する機会が多いのですが、手元にメモが無いためかなり焦ったことが何回もあります笑

やくしじん

電話の場合は、その場で確認が完了しますので1番手っ取り早いです。
ただし、業種によるのか私は今まで電話確認で終わらせたことがあるのは弊社のGoogle マイビジネスのみです。

3.その他の承認

メールでの承認、サーチコンソールでの承認もできるようです。

これも私は実際に実施した経験はありません。これも業種によるんだと思います。

詳しくはGoogle マイビジネスのヘルプページをご確認ください。

参考 Google でのビジネス リスティングのオーナー確認Google マイビジネス ヘルプ

 

以上が、Google マイビジネスのオーナー確認の方法のご案内でした。

Google マイビジネスを活用し、店舗や会社の集客に役立てたいという方は、ぜひオーナー確認から初めてみてください。

 

勝手に掲載されたが運用するつもりもないし削除したい場合は?

最後に、そもそも勝手に登録されたものだし、Google マイビジネス自体の運用をするつもりは無いという場合の対処方法をご説明します。

勝手に投稿された自分のお店のGoogle マイビジネスを管理したくない場合

お店側の事情によっては、掲載を望まないケースもあるようです。

  • 店の情報を勝手にGoogleに掲載されたくない
  • 勝手に登録されているものをなんで管理しないといけないのか?

このような方も、インターネット上で検索すると稀にいらっしゃるようです。

大前提のお話として、Google マイビジネスにマイビジネス情報が掲載されたからといって、お店側が管理しなければいけないという義務や責任はありません。ユーザー同士の投稿の場として放置しておけば良いでしょう。

基本的に仮にGoogleでなくても、お店に来店したお客様が感想を述べるのにTwitterでつぶやかれるケースや、ブログでお店の感想を掲載することと同じように、Google マイビジネスにクチコミ投稿しているというだけですので、管理したく無いという場合はそのまま放置で問題ありません。

削除して欲しい場合

自分のお店を勝手に掲載されたくないので削除して欲しい」という方も稀にいらっしゃるかと思いますが、一般的に公開されている情報を元に地図情報として掲載しているという扱いのようで、お店の看板が道路上に掲げられ、一般的に公開されているお店であれば、Googleマップ上の情報としてお店は掲載されます。

基本的に勝手にGoogleが掲載しているので、お店側に悪意ある嫌がらせ等の事実が無い場合はそのまま放置で良いかと思いますが、あえて「削除して欲しい」という場合は、Googleに直接削除依頼をする以外に方法はありません。

削除申請する方法2つ

閉店したお店としてGoogleに削除申請をする

閉店したお店としてGoogleに削除申請をする

このように、Google マイビジネスから「この場所を削除」という形でGoogleに報告することは可能です。

ただし、前提として「店が閉業している、存在しない、重複している」という前提での削除要請となります。

オーナー権限を申請・取得した後に「削除」

オーナー権限を申請・取得した後に「削除」

Google マイビジネスのオーナー権限を申請し取得している状態であれば「削除」という操作を行うことができます。

ただし、

一部のビジネス情報(名前や住所など)は、Google マップやGoogle 検索などのGoogle サービスには引き続き表示されます。

とあります。

実際に削除したことが無いので、削除した後どのような情報が残るのかはわからないのですが、一応削除はできるようです。

『勝手に登録されたものをなぜオーナー申請登録までして削除しないといけないのか?』という声も、一部見受けられます。

食べログなどであれば、勝手に掲載されたお店情報を削除して欲しいと言えば割と簡単に削除してくれるようなのですが、Googleの場合はあまり削除には積極的ではないようです。

お店が看板などを掲げて、事実上公開されている状態でそこにお店があるのであれば、地図データとして情報を扱うというスタンスなんだと思います。

勝手に掲載されたので削除して欲しいという方は稀なケースかと思いますが、そのような方はいちおう、上記のようなスタンスは理解された上で個別にGoogleの方にお問い合わせされるのが良いのではと思います。

 

わからないことがあればGoogle マイビジネス 公 式コミュニティに質問を投稿すると、詳しい人が回答してくれることもあります。(返答される方も一般ユーザーの方でGoogleの人ではないです)
もし困った場合はコミュニティを利用されるのもオススメです。

 

今回は、Gogole マイビジネスのオーナー確認の方法について解説してみました。

今後、店舗や企業の集客の要になってくるGoogle マイビジネスですが、自分のお店が既にGoogle マイビジネスに登録されているケースもよくあります。その場合、まずはオーナー権限があるか?を確認してみてくださいね。

Googleマイビジネスの活用方法などの関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。