地域ビジネスマーケティング・コンサルティング - なぜここは評判を呼ぶのか? - なぜここは評判を呼ぶのか? | ビズスター株式会社

MENU

地方ビジネスの現場で使えるマーケティング実践ブログマーケティングをやろうと思った時に最初に見るブログ - BIZ STAR Marketing Blog -

ビズスターになって変わったこと:4.収入が増えた

掲載日:2015年10月30日

fjクルーザー 先日こすってちょっとガッカリ

僕がビズスターをやると決めて変わったことを紹介していくシリーズ。

 

  1. 毎朝起きるのが辛くなくなくなって早起きになった 
  2. 思考の質が変わった
  3. 判断力、決断力が1段階くらい上がった
  4. 収入が増えた ←今回の記事
  5. やりたくないことが減った

 

4.収入が増えた

はい、明らかに、ビズスター事業をやると決めてから、収入が増えました。

正確には、役員報酬を上げたというのもあるのですが、会社の売上が簡単に伸びました。今までウンコ漏らしながら必死に頑張ってたのに赤字だし売上頭打ちだし、月の売上250万超えるあたりからスタッフが病み始めるし。そんな状況なのが、ローカルビズスター事業をやると決めた初月の入金金額が、、、

売上が垂直上昇

なんと、今までの月単位の過去最高の売上の3倍以上の金額になりました。ローカルビジネスのコンサルティングをやると決めたその月から売上が垂直上昇ですよ。

これ、シンプルに考えると当たり前の話なんです。弊社でサポートしているクライアントの売上が右肩上がりなのに、肝心のうちの自社の売上が右肩上がりじゃないとおかしいですよね。うちが売上立たないというのは理にかなって無いわけですよ。だから、コンサル費もらいますね。契約してください。

って、笑顔でさらっとお客さんに言えるくらい自信が持てたというのが、最大の要因だと思います。僕は、地域ビジネスの支援をやらせるとどうやら天才的な能力があるということを、自分で気付いちゃいまして。

今までやってきた色々なことが全て繋がったとき、地域ビジネスの支援をすることでクライアントに大きな貢献ができるようになっていたんですね。このマインドセットを持つことで、実際にお客さんも契約を頂けるようになりました。

売上を上げるシンプルな方法

僕は、このコンサル事業に関して、報酬として頂いた額の最低10倍はクライアントに売上アップとしてお返しする自信があります。そして実際結果が出せています。だからコンサル費でこれだけ払っても安いもんですよと説明し、自分が「これだけ欲しい」という額をクライアントに提示しています。とてもシンプルな話ですよね。

収入を上げるためにやったこと。

  • 自分で欲しいと思う金額を決め、お客さんに伝える
  • お客さんにその額を支払ってもらった

これだけです。簡単なことですよね。

逆にいうと、これができない人が世の中かなり多いということ。 自分の欲しい額をクライアントに提示できない人、いっぱいいますよね。

だから収入が上がらないし、売上も上がらないです。単純な話です。でも、これに僕自身が気付けたのってほんとについこの前です。

1)自分が欲しいと思う額を、お客さんに素直に伝える。 2)お客さんにその額を支払ってもらう。

これだけです。売上が上がらない人、上記2つできてますか?できてないと思います。

四の五のいわず、売上を上げたいと本気で思っているなら、自分のクライアントに、自分が欲しいと思う額を伝えてあげてください。

「それができたら苦労しないよ」という人、いると思います。わかります。ではどうするか。

受け取り上手になろう

収入が上げられない人というのは、言い換えるとお金の受け取り方が下手な人なんですね。大きい額を受け取ることで大きな責任を負うことを無意識に避けてます。だから自分では「幾ら欲しい」と言い切れず、無意識に巧妙に色々な根回しをし、少しでも受け取る額を目減りさせたくないオーラを発する事で精一杯、みたいな人いませんか?

受け取るのが下手な人なんです、それ。お金を受取ることが苦手なんです。めっちゃくちゃお金欲しいと思っているのに、受取ることは苦手。残念ですがここに気付けていないんです。

もう一つのパターンは、大きい金額を受取るんだから、めっちゃ仕事してあげなきゃ!って思っちゃう人。受け取れば受取るほど自分を苦しめてしんどくなるタイプの人です。

もちろん受け取った対価に見合った価値を提供するのは大前提なんですが、その対価の発揮の仕方は、色々方法があるじゃないですか。受け取った分だけドキュメント作ったり、打ち合わせ時間を増やすようなやり方じゃなくて、あなたの能力と存在価値でレバレッジを効かせてお返ししていきましょう。

大きい額を受取ることに躊躇せず、堂々と受け取ってください。そのうちやり方は付いてきます。

お金を受け取り上手になる方法

じゃぁ、どうやって受け取り上手になるのか。これも簡単な話です。受け取り下手な人はまず、払い上手になりましょう。受け取り下手な人は、だいたいケチです。ケチとまではいかないけど、ちょっとした場面で自己投資のお金を削ろうとしたりとか。心当たりありませんか?行きたい勉強会があるけど、高額だから行かないとか。

バッサバッサと色々お金使ってください。払う額が大きいほど、それ以上の額を受け取り上手になります。だって、自分で払ったら、その払った分位は素直に受け取れるでしょ。自分でも払えるんだから。

受託では降って湧いたような300万円のホームページ制作を請けるのに、自分のホームページに300万円かける人って居ないですよね。300万払えない人は、自分の所には直接的な仕事で300万の仕事は来ません。せいぜい受託で降って湧いたような仕事が「たまたま」来るだけです。

自分が欲しいと思った額くらいは、まず自分が払ってみると世界が変わってきますのでオススメです。「いやーその金額払えないわー」っていうギリギリ無理なラインを超える位の金額が基準になります。

まずは自己投資のお金を思い切って使ってみるとか本当にオススメですよ。僕自身も色々お金払ってます(笑)僕のメンターにガッツリお金払って、自社のホームページの相談したりしてますから。

そういった自己投資にブレーキなくお金を払える人は、他の人からのお金もするする入ってきます。受け取り方が上手な人にお金は集まります。ひがみとか貧乏性なきもちとか一切なく、素直な感謝の気持ちで受け取れるようになりますよ。

お金を受取るマインドセット

収入を増やしたいクリエイターの方やスモールビジネスの経営者の方も、もちろん地域ビジネスの経営者の方々も、この「お金を上手に受取るマインドセット」が結構大切だったりします。このコンサルを受けてみたいという方がいれば、このマインドセットだけで勉強会開きたい位です。個別コンサルもご相談に乗れます。

興味がある方は、まずは僕から受けた金額提示を、二つ返事で支払えるようになったらいいかもしれませんね(笑)

お金を受取るマインドセットオススメ書籍

「お金の受け取り上手になれ」と言われても良くわからない!という方向けに、2冊本をご紹介します。

▼感覚派の方にオススメの本

 

▼理論派の方はこちらがオススメ

 

両方読まれるとなお良しです。

さくっと売上あげちゃいましょう。

Pocket
LINEで送る

Mailmagazine

地域ビジネスマーケティング“成功の秘訣”を無料配信!

メールアドレス必須
名前(姓)必須
名前(名)必須
都道府県必須

Contact

お気軽にお問い合わせください

082-208-1234

平日 AM9:00〜PM6:00

Recommended