地域ビジネスマーケティング・コンサルティング - なぜここは評判を呼ぶのか? - なぜここは評判を呼ぶのか? | ビズスター株式会社

MENU

ペルソナ診断分析 persona marketing

地域No.1になるには、その地域で一番
お客様を知っている存在になることだ!

ペルソナ診断分析

概要説明

・お客様のセグメントを明確にする
・セグメントに合わせた顧客像を具体化する
・リアルなお客様像を可視化し共有する
・顧客像に合ったペルソナ作成と、ニーズの明確化
・ペルソナに合わせたシナリオの明確化

こういう方にオススメです

  • お客様像が見えない、もしくはぼんやりしている
  • サービスや商品が誰向けのものなのか明確になっていない
  • ざっくりとしかお客様像を想定していない
  • 一度ペルソナを作ったが活用できていない
  • ペルソナの活用の仕方がわからない
  • 顧客視点が抜け落ちている

得られる効果

 自社のお客様とは、どんな人でしょうか?一言で「お客様」と言っても、様々な人がいます。一人ひとりは実際様々な人が居るはずですが、自社の顧客と考えた時、ざっくり考えてしまいがちです。

 消費者のニーズが多様化している時代の今、その一人ひとり多様化したニーズを捉えいかに良い体験を提供できるかが、今後の地域ビジネスでは大きな分かれ目になってきます。

 ペルソナごとのライフスタイルやニーズをしっかり明確化し、社内で共有しながら最適なビジネス展開を可能にするのが、このペルソナ診断分析です。

 ペルソナを作って終わりにするのではなく活用できるペルソナとして、ユーザーシナリオまでしっかり明確化してビジネスに活かしていきます。
Yakushijin'sOne Point Advice
ペルソナを作る上で大切なのは「企業側の都合の良いペルソナ」にしないこと。しっかりと実在の人物をベースに、時にはユーザーインタビューを踏まえつつ、リアルなペルソナを作ることが大切です。意外に生々しいものです(笑)

お客さまの声

ペルソナ像を作るだけじゃなく、実在の人物として感じられる所までワークショップを実施してくれたので、共感を持ってお客様に接することができるようになった。成約率も上がりました(サービス業)

ネット上のやりとりなので、顔が見えない受注業務を「処理」していた感覚があったが、メールの先にも1人ひとり大切なお客様が存在するんだという当たり前のことを改めて実感できた。(物販)

期間

調査開始からサマリーの提出まで、約1ヶ月程度。(ペルソナ数により変動)

プロセス

事前に経営者様、現場マネージャーの方との事前ヒアリングを実施。今までの顧客像のセグメントを事前に把握します。
その後、必要であれば実際のお客様にもインタビューを実施しながら、セグメントごとのリードユーザーとなるペルソナを作成。
ペルソナが持っているユーザーシナリオまで明確にしサマリーをご提出いたします。

Mailmagazine

地域ビジネスマーケティング“成功の秘訣”を無料配信!

メールアドレス必須
名前(姓)必須
名前(名)必須
都道府県必須

Contact

お気軽にお問い合わせください

082-208-1234

平日 AM9:00〜PM6:00

Recommended