地域ビジネスマーケティング・コンサルティング - なぜここは評判を呼ぶのか? - なぜここは評判を呼ぶのか? | ビズスター株式会社

MENU

地方ビジネスの現場で使えるマーケティング実践ブログマーケティングをやろうと思った時に最初に見るブログ - BIZ STAR Marketing Blog -

【2016年決定版】キーワードプランナーが無料で使えなくなったという件を検証してみた

掲載日:2016年11月06日

キーワードプランナー

こんにちは。

みなさん、キーワードプランナーは活用されていますか?

Googleキーワードプランナー  

 

その地域でどのようなキーワードに、どれだけの検索ボリュームがあるのかを調べるのに大活躍だったGoogleAdWordsの運用サポートツールの一つ、Googleキーワードプランナー。

 

活用していた方にとっては、2016年8月頃から仕様変更され、有料の広告を出していないと検索ボリュームがざっくりとしか表示されなくなった状態に嘆いている方も多いと思います。

 

地域のビジネスにおいて、キーワードの需要を調べたり、その地域のビジネスの市場の規模を調べたりするのに最適だったツールということもあって、この仕様変更はかなりの打撃になっているようです。

ブログを書く際の内容の参考にしたり、市場のニーズを調査したり、AdWordsの事前調査に使ったり、オフラインの施策のチラシ配布のエリア選定に、と、様々なビジネスの場面でキーワードプランナーは欠かせないツールです。

 

また、弊社では地域のスモールビジネスのオーナーを対象としたキーワードプランナーを活用したセミナーなども開催していたこともあって、「教わった通りに使えない」という声も上がってきて、それなりに打撃を受けています。   どうすれば使えるようになるのかという情報も少なかったので、今回検証も兼ねてブログ記事にして紹介してみました。ぜひ参考にしてみてください。  

仕様変更によるキーワード検索数の表示の違い

今まででしたら、有料のAdWords広告を出していない状態でもAdWordsのアカウントを開設していれば詳細なキーワード検索ボリュームの数字が把握できていたのですが、有料AdWords広告を出さないアカウントについては、ざっくりとした検索ボリュームしか表示されないようになりました。  

仕様変更前のキーワードプランナーで状態(というかAdWords運用中のアカウント)

※「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を実行した結果 %e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%81%8b%e7%94%a8%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88

仕様変更後のキーワードプランナー(アカウント運用なしのアカウント)

※「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を実行した結果 %e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%81%8b%e7%94%a8%e7%84%a1%e3%81%97%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88   上記を見比べてみるとわかるように赤枠で示した「月間検索ボリューム」で表示される数字が変更されているのがわかる。

  • 仕様変更前:リフォームの検索数590
  • 仕様変更後:リフォームの検索数100〜1,000

  左右で比較すると違いが一目瞭然。 左が仕様変更前の状態。右が仕様変更後の状態。 左右比較 このように、仕様変更後は、月間検索ボリュームをぼんやりとしか数字を把握できない状態となり、上部にある月間の平均検索ボリュームのグラフも表示されないような状態になっている。 この状態では、正確な検索数の目安の判断もつかない状態で、実質はマーケティングの調査には役に立たない状態になってしまった。だからみんな困っている状態で、この件に関して色々調べてみたのですが、断片的な情報しか出てこなかったので、今回色々と検証を行ってみました。  

解決方法

解決方法としては「広告用のキャンペーンを作成し実行する」という手段になります。具体的には以下の手順が必要です。

  1. AdWords広告用キャンペーンを作成
  2. グループを作成
  3. 広告を作成
  4. 入金(最低1,000円)
  5. 入金確認後(入金処理24時間以内に確認処理される)広告の配信をスタートする

というような手順が必要になります。後ほど詳しくご紹介します。   ここで、まだ広告を作成したことの無い方や、広告配信には抵抗があるという方は、上記ステップを踏めずに挫折して使えないという状態になってしまいます。 そして、今まで弊社の開催するキーワードプランナーの活用セミナーにご参加頂いた方からは「やっぱり広告開始しないとキーワードプランナー使えないのですか?」という相談が結構舞い込んできています。  

広告を開始したくない人向けの代替案

ちなみに、もしGoogleキーワードプランナーの代替案としてのツールをご紹介するのであれば、Yahoo!プロモーションの「キーワードアドバイスツール」をご紹介します。 Yahoo!プロモーションキーワードアドバイスツール   キーワードプランナーとは機能も使い勝手は違いますが、全国のキーワード需要をサクッと調べたいのであればYahoo!プロモーションキーワードアドバイスツールも有効です。   では本題に戻ります。  

Googleキーワードプランナーを今まで同様に使う為の方法

それでは、Googleキーワードプランナーを今まで同様、詳細な検索ボリュームが見られるようにする為に必要な手順をご紹介します。 実際やってみると、時間にして5分〜10分程度の作業なので、この際にチャレンジされれば良いと思いますよ。  

1.AdWords広告用キャンペーンを作成

まずはAdWords広告を開始する為のキャンペーンを作成します。キャンペーンというのは、AdWordsの広告を開始する為の大カテゴリのようなものです。   AdWords広告の作りとして以下のような3階層の構造になっていますので、その最上部の階層のキャンペーンを作成します。 大カテゴリ>【キャンペーン】 中カテゴリ>【広告グループ】 小カテゴリ>広告 画面上部にある(1)[ キャンペーン ]をクリックし、(2) [ +キャンペーン▼ ] ボタンをクリックします。 %e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e4%bd%9c%e6%88%901   続いてキャンペーンの設定に進みます。 (3) [ キャンペーン名 ]を入力します。適当で良いです。 (4) [ 地域 ]を選択します。あなたの地域を選択してください。 (5) [ デフォルトの単価 ]こちらも適当で良いです。100円とか、500円とか入れておいてください。 (6) [ 予算 ]を入れます。こちらも適当で良いですが、デフォルトの単価よりも高くだけ設定してください。何も考えず1,000円と入れておいてもらってもOKです。 (7) [ 保存して次へ ]ボタンを押し、次の設定に進みます。 %e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e4%bd%9c%e6%88%902  

2.グループを作成

続いて、グループの設定に進みます。   (1) [ ランディングページを入力してください]の入力欄に、広告のURLリンク先を設定します。自分のホームページやブログのURLを入力しましょう。もしまだホームページやブログなどを持っていない方は、 [ ランディングページはまだ用意できていません ]をチェックしてください。 (2) [ 名前 ]欄に、グループの名前を入力します。こちらも適当の名前を付けてください。 (3) [ 単価 ]を設定します。こちらも一旦、適当で良いです。何も考えず500円と入れておいてください。 (4) [ キーワード ]を入力します。今回、調査をしたかったキーワードを入力してください。こちらも適当で良いのですが、調査したかったキーワードをとりあえず入れておいてください。 (5) [ 広告に進む ]ボタンをクリックして次の画面に進みます。 広告グループ  

3.広告を作成

続いて広告の作成に入ります。 (1) [ 最終ページURL ]広告のリンク先を入力します。自分のHPやブログなどを入力してください。 (2) [ 広告見出し1  ]広告の見出しを入力します。文字数が限られていますので、文字数内におさめてください。 (3) [ 広告見出し2 ]を入力します。1同様に入力してください。 (4) [ 広告文 ]を入力してください。見出しの下に入る本文のテキストになります。こちらも文字数制限がありますので、制限文字数内に文字数を収めてください。 (5) [ 広告を作成 ]ボタンを押して次の画面に進んでください。 広告作成   画面が切り替わりましたら、確認画面になりますので (6) [ キャンペーンを確認 ]ボタンを押して次の画面に進んでください。 確認画面1   続いてまた確認画面に入ります。 (7) [ 保存して終了 ]を押して広告作成を完了します。

4.入金(最低1,000円)

広告の作成が終わったら、入金の処理を行います。 ちなみに、広告の作成のみで、入金を行わない場合はキーワードプランナーは仕様変更後のまま。まだ検索数はぼやけた状態でしか表示されませんので、実際に入金をする必要があります。 今回は、最低入金処理金額の1,000円の入金を前提にお話を進めます。 ここで一つアドバイス。無料のツールを使うのに1000円も払うのか、という気持ちになる人は、そもそもマーケティングやネットプロモーションの素質がありませんので諦めてください。自分自身の知見を広めるのに1,000円程度の出費を惜しがるようでは、そもそもビジネスは難しいと思います。ここはさらっと1,000円払ってください。キーワードプランナーをトコトン使いこなせるようになると、このツールだけで年収1,000万円程度の利益は出せるようになります。 話を本題に戻し、入金処理の解説を進めますね。入金処理の画面に進みます。   (1) 画面右上の[ 歯車マーク ]をクリックします。 (2) 歯車マークをクリックし展開されたタブ内に表示された[ 料金 ]をクリックします。 料金の支払い画面   (3) [ お支払い ]ボタンをクリックし画面を進みます。 入金画面   (4) [ お支払い ]入力セクションに、クレジットカードのお支払情報を入力します。 (5) [ お支払い額を指定 ]に、「その他の金額」を選択して今回は最低入金金額の1,000円を入力します。 最低金額に満たない金額の場合はエラーになりますのでご注意ください。 (6) 入力が完了したら[ お支払い ]ボタンを押してください。 入金処理   この例ではクレジットカードのお支払例を示していますが、クレジットカードの支払い方法の他に

  • 振込
  • コンビニエンスストアまたはPay Easy(ペイジー)

があります。それぞれ好きな支払い方法で入金処理を行ってください。 %e6%94%af%e6%89%95%e3%81%84%e6%96%b9%e6%b3%95   支払い処理が完了したら[ 確認済みのお支払い ]画面に移行します。これで入金処理が完了しました。 画面にメッセージがありますが、入金の処理が完了してから、24時間程度支払い情報の反映までに時間がかかるようです。 入金完了   これで入金が完了しました。   これですぐにキーワードプランナーが詳細な検索数が表示されるかというと、すぐにはまだ利用できません。 入金の処理がGoogle側で反映されるまではどうやら利用できないようです。    

5.入金確認後(入金処理24時間以内に確認処理される)広告の配信をスタートする

これで広告の配信はスタートが開始されました。 %e9%85%8d%e4%bf%a1%e9%96%8b%e5%a7%8b%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%b9 ●が、緑の丸になっている状態だと配信開始されている状態です。 実際に設定したキーワードでGoogle検索すると、広告が配信されていることも確認できました。 実際の広告   それで、実際に広告が配信された状態を確認できたのですが、それでもキーワードプランナーの状態は、制限がかかっている状態のままです。 制限中 やはり、実際の広告配信のタイミングと、キーワードプランナーが制限解除のタイミングは連動しないようで、24時間程度の経過を待つ必要があるようです。   ちなみに、「いつ再開されるかな?」と何度も検索をすると、上記のようにページビューの最大に達するという、また違った制限がかかってしまうので、注意が必要です。 この制限については、推測ですがアカウントの消費している広告費との関連性があるように思います。他運用中のアカウントでは何度検索をかけてもこのような表示を見たことがありません。    

24時間後に詳細な数字が確認できました

その後24時間経過したあたりで、制限のない状態で、詳細な数字が確認できるようになりました。 詳細な数字が確認できました      

実際のキーワードプランナーの使い方について

無事キーワードプランナーを制限解除された状態で使えるようになった方は使ってみましょう。 詳細の使い方は改めてこちらの動画でご説明しています。(24分程度) この動画をご覧頂いて、キーワードプランナーを使い倒して、マーケティングやブログ、チラシのヘッドラインなどに活用しまくりましょう。(閲覧にはパスワードが必要です。弊社メールマガジンにご登録頂ければ、閲覧パスワードをご通知いたします。この画面の下の方にメルマガ登録フォームがあるので登録よろしくお願いします。) キーワードプランナーの使い方動画 キーワードプランナーの使い方 from ビズスター株式会社 on Vimeo.    

キーワードプランナー徹底活用セミナーも随時開催中

キーワードプランナーを自分のビジネスに活用するセミナーなども随時開催しておりますので、メールマガジンに登録頂ければ、勉強会のご案内をお送りします。(広島、東京、大阪にて開催中)  

  • ブログ立ち上げからアクセスが集まるブログの書き方
  • 売れるキーワードの見つけ方
  • その地域でのビジネスの需要の調べ方
  • その地域でのニーズの見つけ方
  • ポスティング等のオフラインツールでの訴求軸の見つけ方

などなど、Webにとどまらないキーワードプランナーの使い方をみっちり伝授します。   ではでは、最後まで閲覧頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

Mailmagazine

地域ビジネスマーケティング“成功の秘訣”を無料配信!

メールアドレス必須
名前(姓)必須
名前(名)必須
都道府県必須

Contact

お気軽にお問い合わせください

082-208-1234

平日 AM9:00〜PM6:00

Recommended