地域ビジネスマーケティング・コンサルティング - なぜここは評判を呼ぶのか? - なぜここは評判を呼ぶのか? | ビズスター株式会社

MENU

ビジネスの現場で使えるマーケティング実践ブログビズスターブログ - BIZSTAR Marketing Blog -

ワークスタイルを見直す、ガジェット編

掲載日:2017年12月06日

MacBookPro、MacBook、iPadPro、iPhoneX

持ち物が多い人はバタバタしている人が多い!?

薬師神です。

前回のブログで、ワークスタイルを見直すということで書いてみましたが、その続編。今日はガジェットについて少しお話します。

僕は、基本的に持ち物は普段から多い方です。

 

 

リュックはいつも夢と希望とガジェットであふれている

仕事道具をリュックに入れていつも移動していますが、だいたい僕のリュックを人に持ってもらうと「重っっっっ!!」みたいな反応です。

だいたいいつもMacBook Proと、ノート数冊、手帳数冊。さらにMacBookも持って、読みかけの本が2冊位持ち歩いていたりしていました。

これも、ここ2年くらいは、物理的にも精神的にも重たさを感じて、身軽になりたいなぁとぼんやり思っていたのですが、なかなか持ち物を減らせずにいました。

それで、最近、ワークスタイルを軽くできるようになってから、持ち物も軽くできるようになってきました。

 

大荷物持ちが、身軽になる方法

会社では、自分のデスクに MacPro をメインで使っていますが、移動の時にも、同じ環境で仕事ができるように、MacBook Pro も持ち歩き、どこにいても事務所にいるのと変わらない仕事ができるように常に構えていました。

だから、特に何もない時でも「万が一なにかあってもいいように」と、MacBook Pro は手放せなかったのです。

でも、それだとずっとワークスタイルは軽くならないぞ、ということに気がつき、MacBook Proを持ち歩かなくても仕事が完結できるような環境を作れば良いという逆転の発想で、MacBookを導入しました。

MacBookでは当然、パワーが劣るので、重たい処理の仕事は制限されます。コミュニケーションをとる、文章を書く、Excel、Word、キーノートなどのドキュメンテーションや、プランニングなどの仕事がメインになりますよね。

画像処理や、デザインゴリゴリの作業、ましてや動画編集などはもうMacBookではできないので、そういう環境を強制的に作りました。

そうすると、この限られたガジェットで自分の仕事を回さないといけなくなるので、その前提で自分の仕事を捉え直すことができます。

それで、今ではほぼ、MacBookとiPadPro のみのシンプルなスタイルに落ち着きました。

 

これからは机も手放す


ごちゃごちゃ机周り

※ごちゃごちゃし過ぎていつも怒られる僕の机周り….

 

そして、これからの目標としては、会社の僕自身のデスク、そのものを撤去して、僕は固定席を持たないスタイルにしていきたいと考えています。

机にも縛られず、会社で仕事をする時は打ち合わせ机など、ほぼフリーアドレスのような形か、スタンディングデスクにしようかな、と思っています。

自席に置いている Mac Pro も封印し、外部モニターも1枚あれば良いかな、と考えていますが、データの保存やら身の回りの整理やらで、もうしばらく時間はかかりそうですが…

 

でも、このスタイルが実現したら、ワークスタイル的にはかなり軽やかに仕事ができそうな気がします。

来年以降、また進捗をご連絡したいと思います。

 

Pocket
LINEで送る

Mailmagazine

地域ビジネスマーケティング“成功の秘訣”を無料配信!

メールアドレス必須
名前(姓)必須
名前(名)必須
都道府県必須

Contact

お気軽にお問い合わせください

082-208-1234

平日 AM9:00〜PM6:00

Recommended