お知らせ:お問い合わせにZendesk Support を導入しました

WordPress高速化2019年版:たった1つのプラグインとCDNで簡単最速化

WordPress高速化2019年版:たった1つのプラグインとCDNで最速

この記事は 7 分で読めます

この記事は以下のような方に向けて書いています

  • WordPressで高速化のプラグインを入れて高速化処理しているがイマイチ高速化できない
  • モバイルの表示速度のスコアが悪い
  • 色々試してみるがどれも効果が掴めずWordPress高速化処理の沼にハマっている
  • 高速化処理に試行錯誤する時間を使いたくない

この記事では、今までとは全く違うWordPressの高速化処理について、お伝えしています。

この記事を読むことで
  • 今までのWordPress高速化のやり方には限界があった
  • 全く新しいWordPress高速化のやり方がわかる
  • テーマに関係なく高速化できる
  • 他のWordPressホームページと差が付けられる
  • WordPress高速化の最適化に無駄な時間を割くことが無くなる

という結果が得られます。今までGoogleで検索してきて出てくるような

  • 12の方法
  • 9つの方法
  • 6つの方法
  • 3つの方法
  • KUSANAGIで決定

といった内容では高速化出来なかった理由がわかります。それらを試してもまだWordPressの高速化にお悩みの方は、この記事をお読み頂く価値があります。

最初に結論:この記事でお伝えするWordPress高速化の方法をお伝えします

結論
LiteSpeed Cacheプラグイン1つでOKです。

ただし、前提条件があります。

前提条件
  • Mixhost のサーバーを利用すること
  • クラウドフレアのCDN(無料)を連携すること。

具体的な設定方法は記事の最後に記載します。

「WordPress 高速化」で出てくるサイトが全部遅い説

WordPressの高速化の方法をGoogleで検索すると

  • 12の方法
  • 9つの方法
  • 6つの方法
  • 3つの方法
  • KUSANAGIで決定

みたいな記事が出てきます。

果たして、本当にその方法でそれらのページは高速化できているのでしょうか?疑問に思って調べてみました。

2019年6月17日現在の1〜10位のサイトをそれぞれ PageSpeed Insights で調べてみた結果・・・

角が立つのでサイト名は出しませんがWordPress 高速化」でGoogle検索に表示されるページの上位10位をそれぞれPageSpeed Insightsで調べてみたところ、70を上回っているのは3サイトのみ。

▼ページスピードの計測はこちらのツールを使用
参考 PageSpeed InsightsGoogle

その結果だけ貼ります。モバイルのみです。



はい。このような感じです。

7位のサイトはめちゃくちゃ早いですね。ここは広告も何も貼っていなかったので、早いのも頷けるなという感じでした。

8位の88のサイトは、Mixhost のサポートサイトでした。

他のサイトは、まぁまぁ所もありますが、10サイト中7サイトが70を下回るスコア。説得力0です。

残念なことに「WordPressの高速化」という検索ワードでてくる上位10サイトがほぼすべて表示速度が遅いのですから、何の説得力もありませんよね。この検索結果を見ると、いまだインターネットの世界は迷信に満ちているかのようです。

PageSpeed Insights でモバイル70以下の記事は参考にしてはダメ

WordPress 高速化』というキーワードで上位表示されているページは、せめて PageSpeed Insights のモバイルスコアで70以上は維持しておいてもらわないと説得力無しです。

なぜWordPressの高速化を解説しているホームページ自体がそもそも遅いのか。謎ですよね。

なぜかというと、サーバー系の記事は「SEO目的」や「アフィリエイト目的」で書かれている記事も多く、情報が古いか実際にその効果の結果を実践しないまま記事にされている情報でしょう。

みなさんも、気を付けてくださいね。参考にする前に必ずそのページの PageSpeed Insights でチェックして早い所だけを参考にしてください。

それらの内容はけっして間違ったことをは言ってはいないのでしょう。ただ、その情報はもう古い情報か、SEOのテクニックで上がっているだけです。現時点で遅いということは、その記事の内容では通用しないと思ってもらってOKです。

ただ、私自身も100点じゃないとダメと言っている訳ではありません。

高速化の満足度は人それぞれ。

高速化はSEOの評価に影響があるとGoogleも言っていますが、実際には「WordPress 高速化」で上位表示されるサイトはスコア的には早いとは言い難い状況でも上位になっていますし、私もだいたい70後半〜80以上であれば良いかなと思っている感じです。

AdSenseや外部サービスのタグなんかを貼るとどうしても遅くなっちゃうし。でも、それなりに早さは追求したい。割と簡単に、ということで今回のやり方をお伝えしたいのですね。

当サイトはSANGOテーマを使っています

このやり方だと、SANGOテーマでもだいたい70後半〜80前半、良い時には90台はでます。
本家のサルワカさんが60点台なので、SANGOテーマの中では早い方に部類してもらって良いでしょう。

一応当サイトの速度計測結果のリンクを置いておきますので、いつでも調べてみてください。

当サイトのスコアをご覧ください(おおむね80以上)

参考 当サイトのPageSpeed Insights計測結果へリンク 当サイトのスコアをご覧ください(おおむね80以上)

ちなみに、manablogさんのテーマを適用した他サイト(デフォルトのまま)は90台出せてます。インストールしてLiteSpeed CacheプラグインとCDN連携させてるだけなので当然といえば当然。

参考 当方が管理するmanablogさんテーマのPageSpeed Insights計測結果へリンク ちなみに、manablogさんのテーマを適用した他サイト(デフォルトのまま)は90台出せてます。

なぜMixshot?簡単にどんなテーマでも高速化できる理由

では、まず今回前提条件となっているMixhostサーバーはなぜ簡単にどんなテーマでも高速化ができるか?をお伝えします。

推奨サーバー:Mixhost ミックスホスト

Mixhostサーバーは、LiteSpeedという方式を利用した次世代方式の高速サーバーです。

LiteSpeed方式サーバーの1番の強みはこれです。

オススメする理由
LiteSpeed Cacheプラグインが使える唯一のサーバーだから

これだけだと、何の説得力もないので、まずその理由をご説明しますと、このLiteSpeed Cacheプラグインは、WordPress高速化処理の全ての機能がオールインワンになっています。

他社のサーバーとは違い、複雑な高速化処理をWordPressの管理画面で全て設定できるように最適化されています。
高速化処理の際のトラブルもなく安心して設定管理が行えるので、誰でも簡単にWordPressの高速化ができるというわけです。

LiteSpeed Cacheプラグインについて、さらに深掘りしていきます。

LiteSpeed Cacheプラグインの2つの凄い点

LiteSpeed Cacheプラグインについての凄い所を2つの項目に分けて説明します。

凄いところ1.これ一つでWordPress高速化の全てが最適化できる

LiteSpeed Cacheプラグインで最適化できる項目
  • WordPress全体のキャッシュ管理
  • 画像圧縮(全画像形式に対応)
  • 自動で圧縮してくれる
  • WebP画像にも対応
  • HTML、CSS、JavaScript関係の圧縮結合
  • 遅延リロード機能
  • CDNが使える

つまり、プラグインをたくさん使って個別に高速化をしなくても、LiteSpeed Cacheプラグイン一つで全て完了です。

凄いところ2.どんなテーマでもテーマ依存しないWordPressの高速化ができる

もう一つ、LiteSpeed Cacheプラグインの最大のメリットを。

どのテーマでもWordPress高速化が行える!

テーマによって早いテーマ、遅いテーマは色々ありますよね。テーマ側を高速化しようと思うと、PHPの知識だったりCSSの知識が必要です。ある程度わかる方でもそれって面倒ですよね。

LiteSpeed Cacheプラグインであれば、テーマ側に依存せず高速化が行えるので、どんなテーマを使ってもガンガン高速化できるんです。

控えめに言って神プラグインです。

LiteSpeed Cacheプラグインが使えるサーバーは?


先ほどお伝えしたとおり、LiteSpeed CacheプラグインはLiteSpeed方式のサーバーしか利用できません。

主流のサーバーといえばApache(アパッチ)Nginx(エンジンエックス)といったサーバー方式が主流でしたが、これらのサーバーではLiteSpeed Cacheプラグインは使えません。

LiteSpeed方式のサーバーは日本だとMixhost ミックスホストのほかに以下の会社で利用可能です。

などあります。

他サーバーと比較するのは読む方もめんどくさいと思うので、なぜ私がMixhostを利用しているのか、Mixhostサーバーの良い点を以下に記載します。

Mixhostのメリット
  • 月額880円〜使える
  • ディスクが全部ピュアSSD
  • サポートも充実(メールだけですが返信早い)
  • 初心者でもWordPressの高速化が簡単にできる
  • サーバー側の機能も簡単かつわかりやすい
  • 管理画面が使いやすい
  • 自動でバックアップしてくれてる
  • SSLがワンクリックで設定可能でしかも無料
  • 設定も早い(最近は1時間前後で完了)
  • マルチドメイン対応だからいくらでもドメイン増やせる
  • メールアドレス設定も簡単
  • WWW有り無しなどURL統一も簡単設定
などなど、私も国内のあらゆるサーバーを利用してみて、1番最強だと思ったのがMixhostサーバーです。

過去には以下のようなサーバーを使ってきました。

  • ロリポップ
  • ヘテムル
  • Xサーバー
  • さくらサーバー
  • CPI
  • Conoha + KUSANAGI
  • ALTUS + KUSANAGI

全て試した結果、Mixhostが全ての面で使いやすい。

散々試してきたけど、このやり方が2019年の高速化の最適解

私も色々なWordPressの高速化を試してきました。

当サイトだけでなく、業種に特化したホームページサービスを運営しており、お客様の環境を少しでも早くしたいというのがありましたので、日々研究していました。

プラグインも当然全て試しましたし、早いと言われるサーバーも全て試しました。KUSANAGIも使ってきました。

今回私がお伝えする2019年版ワードブレス高速化は、KUSANAGIよりも早かったのですから、しょうがないです。WordPress高速化は、KUSANAGIよりも早かったのですから、しょうがないです。

比較した記事はこちら
ワードプレスオススメ爆速サーバーを紹介しますWordPress高速化:Web制作者がクライアントに教えたがらない最速サーバーを教えます

私は、この当サイト以外にも、中小企業の会社さんのホームページや、建築業、治療院などのホームページも20サイト以上運用しています。その中で色々使ってみて、Mixhostが最強と感じています。

インターネットの流れを考えれば理解できるLiteSpeedサーバーが最強の理由

少し考えてみていただければ、なぜこんなにMixhostをオススメするのか理解できるので、インターネットの流れとWordPressの高速化の流れを以下に整理します。

1990〜1995
インターネット初期
テキスト中心で文字情報が中心。インターネット上に情報があるのが価値だった時代。ダイヤルアップ方式やISDNなどアナログ回線でインターネットに繋いでいた。
1995〜2000
インターネット導入期
ヤフージャパンサービス開始。インターネット上のホームページはテーブルコーディングで少しずつグラフィカルに。
2000〜2005
インターネット普及期
ADSLサービスの普及。GoogleやAmazonなど日本でサービス開始。Youtubeも日本でサービス開始。インターネットはパソコンが主流。携帯(ガラケー)コンテンツが流行する。mixiも流行る。ホームページはテーブルコーディングからCSSコーディングが主流に。
2005〜2010
インターネット発展期
スマートフォンの登場。Ustreamやニコニコ生放送など動画生配信サービス開始。
ホームページのコンテンツも幅が広がり動きのある表現や動画情報も増えてくる。

WordPressでホームページを作るケースが増えてくる。スマホ対応なども進む。

2010〜2015
インターネット転換期
Android端末やAppleなどタブレットが登場。Facebook、Twitter、LINEなどスマホアプリも普及する。

ホームページで扱うデータ量も増え、WordPressの高速化、最適化なども言われ始めた。
Plug-inが色々増えてきたり、独自にカスタマイズする専門書なども増える。

2015〜
インターネット新時代期
スマートフォンの浸透や通信速度の高速化、IoTなど出てくる。音声検索や画像検索など今までに無い技術がどんどん普及してくる。

WordPressの最適化技術の情報も増えてきた。高速化処理の様々なプラグインがあるが、色々ありすぎてカオス状態。

LiteSpeed方式のサーバーが2015年にWordPressのプラグインを正式に対応。海外で地味にシェアを伸ばす。日本でも2017年以降にLiteSpeed方式のサーバー会社が次々に誕生。

2019年現在
LiteSpeed方式サーバー普及期
今までのインターネットの変化を踏まえて登場したLiteSpeedサーバー。日本でも少しずつ広まってきている。

と、こういう流れを見て来た私から見て、WordPressの高速化にLiteSpeedのサーバーが適していると落ち着きました。AdSense やその他のWebサービスを連携していく使い方や、様々なテーマにも対応できるという点でも、今後のインターネットの変化にも柔軟に対応できると感じる点もオススメポイントですね。


ミドルウェアの選択からWordPressの高速化を考える時代

さきほどから繰り返しているLiteSpeed方式、Apache、Nginxといった名称はすべてサーバーの駆動方式の名称です。専門的にはミドルウェアと言われるサーバー駆動方式の種類のことを言います。
ミドルウェアそれぞれの違いや、処理の特性などを解説しはじめると難しく専門的な内容になってしまうので今回は割愛します。/memo]

WordPressの高速化のポイントとして、今まではプラグインやCache処理などを言われることが多いですが、どんな方式のサーバーなのか?という点からWordPressの高速化のやり方を解説する情報はほぼありません。

日本国内にも、色々なサーバー会社があり、それぞれの会社によってメリット/デメリットはありますが、サーバー会社を選ぶときにApache、Nginx、もしくはLiteSpeedなのか?を気にしてサーバー会社を選ぶ人はまだ少ないです。
LiteSpeedサーバーの情報は日本国内にはまだ少なく、各サーバー会社も料金や自社サービスのメリットばかりを訴求する情報ばかりで、ミドルウェアのことなどは情報発信していないのが現実だからしょうがないといえばしょうが無いです。

2019年以降のWordPressの高速化を考えるポイントとして、LiteSpeed方式のサーバーかどうか?がポイントになるということを理解して頂ければと思います。

2019年式WordPress高速化の具体的な設定方法

  1. Mixhostサーバーを契約する(もしくは乗り換える)
  2. LiteSpeed Cacheプラグイン(無料)を適用する
  3. CloudflareでCDN機能(無料)を連携する
  4. 高速化の設定を実施する

それぞれ、解説していきます。

1.Mixhostサーバーを契約する。(もしくは乗り換える)

推奨サーバー:Mixhost ミックスホスト

これから新しいWordPressを立ち上げるなら、Mixhostのサーバーを契約してください。
お試し無料で10日間使えるので、気軽に使ってみてもらえればと思います。

まず、他のサーバーとの1番の違いは「管理画面がすっげー使いやすい」ということです。
それもそのはず。MixhostはcPanelという管理画面を採用していますが、これは世界共通で使われている管理画面のサービスなので、使い勝手がもの凄い良い状態で仕上がっています。

やりたいことが直感的にわかる。動作も速い。最初の方に述べたMixhostサーバーのメリットをまずは感じてもらえればと思います。

SSLの対応などもちょっと前までは時間がかかっていたようですが、最近は1時間くらいで設置が完了しますので、かなり処理も速くなってます。
サポートはメールのみですが、メールの返信も早くわかりやすいのでつまずくことはあまりないですね。

乗り換えは面倒くさい・・・

いままで違うサーバーを使っていた方は、乗り換えるのが大変かと思います。
実際、乗り換え作業は私も何個もWordPressの載せ替えをしていますが、慣れれば1サイト1時間くらいで終わりますよね。そんなに面倒でもないです。

Mixhostのサービスに「WordPress載せ替えサービス」というのがあるので、それを利用されるのも良いでしょうね。

これから長い間、WordPressを運用されるつもりなら、サクっと一度乗り換えれば今まで以上に幸せな時間が長く過ごせるので、ちょっと移行は大変ですが頑張った後の時間の恩恵の方が大きいので、今この機会に移行してみましょう。

2.LiteSpeed Cacheプラグインを適用する

MixhostでWordPressをインストールしたら、まずこちらのプラグインをインストールしてください。
2.LiteSpeed Cacheプラグインを適用する

プラグイン > 新規追加 から LiteSpeed Cache で検索するとでてきます。

これを入れれば、以下の処理はこれ一つでできます。

MixhostのLiteSpeedプラグインでできること
  • WordPress全体のキャッシュ管理
  • 画像圧縮(全画像形式に対応)
  • 自動で圧縮してくれる
  • WebP画像にも対応
  • HTML、CSS、JavaScript関係の圧縮結合
  • 遅延リロード機能
  • CDNが使える

しかも

  • テーマに依存しない高速化ができる
  • 画像圧縮も他プラグインより圧倒的に性能が良い
  • WebP形式にも対応しているのでめっちゃ最新
  • 本来複数のプラグインで処理していたものが1つで対応できるのでプラグインを入れる数が減り、それも高速化に繋がる

こんな恩恵が得られます。

特に最後。色々なプラグインを入れなくて済むので、その分コンテンツに必要なプラグインを入れることができます。

私は今、20個ほどプラグインを入れていますが、プラグインによるWordPressの遅さは一切ありません。

3.Cloudflare を連携する

最後はこれです。

無料のCDNサービスCloudflareを簡単に導入しましょう。

導入方法はこちらの記事を参考にしてください。
簡単無料:MixhostサーバーならCloudflareでWordPress高速最適化【5分でCDN入門】

この作業も慣れれば5分でできます。

WordPressの高速化の効果が、もう一段早くなりますので、連携しない手はありません。無料だし。

4.この記事を読んで高速化設定を実施する

LiteSpeed Cacheプラグインの高速化の設定

爆速街道:WordPress + Mixhostで表示速度を高速化簡単チューニング

これで、どんなテーマのサイトでも80以上は軽くでるようになります。

WordPress高速化2019年版まとめ

以上が2019年版、最新のWordPress高速化の方法です。

1.Mixhostサーバー
2.LiteSpeed Cacheプラグイン
3.CloudflareのCDNを連携

この組み合わせが簡単にかつ初心者〜中級者レベルでは割と簡単に最速状態まで持って行けると断言します。WordPressの高速化のために多くのプラグインを入れて消耗するのはもうやめましょう。LiteSpeed Cacheプラグイン、この1つのプラグインだけでOKです。

WordPressや、サーバーのサービス、他の連携サービスは日々どんどん進化しています。

以前なら専門的な知識が必要だったWordPressのキャッシュの扱いやCDNによる高速化も、今や初心者でもワンクリックでできる時代です。

今までの古い情報に踊らさせずに、本当につかえる情報を元に賢くWordPressの高速化を実施していきましょうね。SEO上位獲得化のために書かれたような説得力の無い記事が多いので、そいういう記事に振り回されるのは終わりです。

今回ご紹介した以上に良い方法があれば、あっさりとそちらに乗り換えますが(笑)当分はこの方法でWordPress高速化の最適解として皆様に自信を持ってお伝えしていきます。

記事に使用している各企業のロゴやサービスのロゴ等の著作権は所有企業に属します。

WrodPress高速化の関連記事はこちらから

Cloudflare で訪問者IPを簡単に取得する方法|AdSense対策Cloudflare で訪問者IPを簡単に取得する方法|WordPress高速化とAdSense対策Cloudflare を利用するとメールの送受信ができない場合の対処法Cloudflare を利用するとメールの送受信ができない場合の対処法WordPress高速化2019年版:たった1つのプラグインとCDNで最速WordPress高速化2019年版:たった1つのプラグインとCDNで簡単最速化簡単無料:MixhostサーバーならCloudflareでWordPress高速最適化【5分でCDN入門】SANGOテーマ + Mixhost で最速表示の最適解を見つけましたMixhost + LiteSpeed Cache + CloudflareCDNで最速の設定を全画像付で解説【SANGO爆速】爆速街道:WordPress + Mixhostで表示速度を高速化簡単チューニングワードプレスオススメ爆速サーバーを紹介しますWordPress高速化:Web制作者がクライアントに教えたがらない最速サーバーを教えます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。